家づくりのあれこれ

わが家の住宅ローンは連帯債務型。共働き夫婦なら節税効果大!

わが家はマイホーム購入時に、連帯債務型の住宅ローンを組みました。

えいこ
えいこ
共働きなら、連帯債務型はメリットが大きい方法ですよ。

住宅ローンの組み方は主に4つ

住宅ローンは主に4つの組み方があります。

  1. 単独ローン
  2. 連帯債務型
  3. 連帯保証型
  4. ペアローン

夫婦のどちらかしか働いていなかったり、片方の収入が不安定だったりすると、①で組むことになりますね。

ですが、夫婦が2人とも正社員など共働きの場合は、②〜④の選択肢もあります。

②の連帯保証型は、夫婦のうちの1人が主債務者、もう1人が連帯債務者となって住宅ローンを借り入れます。このとき、主債務者と連帯債務者はともに返済義務を負います

③は、主債務者と、もう1人が連帯保証人となります。この場合、連帯保証人が返済義務を負うのは、主債務者が返済不能になったときです。

④は夫婦がそれぞれ住宅ローンを借入ます。②と③が一本の住宅ローンなのに比べて、④は2本組むことになります。

それぞれメリット・デメリットがありますが、わが家は②で住宅ローンを組みました。

わが家が連帯債務型の住宅ローンを選んだ理由

わが家が住宅ローンで連帯債務型を選んだ理由は以下です。

  • 住宅ローン控除が夫婦ともに受けられる
  • 手数料は住宅ローン1本分
  • 団体信用生命保険に夫婦とも入れる

まず大きな魅力は、住宅ローン控除が夫婦2人とも使えるという点です。

えいこ
えいこ
住宅ローン控除は税額控除(税金がガツンと減らせる)なので、夫婦2人とも使えればかなりの節税になります。

ペアローンも夫婦が2人とも住宅ローン控除が使えますが、こちらはローンを2本組むことになるので、手数料が2本分かかります。

それに比べて連帯債務型なら、手数料はローン1本分で済みます。

えいこ
えいこ
住宅ローンの手数料はけっこうかかるので、1本か2本かの違いは大きいですよ。

団体信用生命保険(団信)は、ローン返済期間中に夫婦のどちらかに万一があれば、支払いが免除されるというもの。

えいこ
えいこ
金融機関によっては連帯債務者は団信に入れないみたいですが、私たちの利用する金融機関はOKでした。

まとめると下のような感じですね。

連帯債務型 連帯保証型 ペアローン
住宅ローン控除 夫婦ともに利用可 債務者のみ 夫婦ともに利用可
団体信用生命保険 (金融機関によって)夫婦ともに利用可 債務者のみ 夫婦ともに利用可
住宅ローン手数料 1本分 1本分 2本分

連帯債務型住宅ローンのデメリットは?

連帯債務型住宅ローンのデメリットといえば、

  • 金融機関が限られている
  • フラット35(固定金利)しか選べない場合も

共働きにはお得なのですが、扱っている金融機関が少ないです。

また扱っていても、利用できるのがフラット35のみの場合も。つまり、金利が割高なんですね。

幸いわが家の場合、利用する金融機関は連帯債務型を扱い、かつ変動金利でも可能でした。

というと金融機関がバレますね……。

また長期の住宅ローンを組む際は、「途中で離婚したらどうなる」問題がありますが、それを考えてたら家なんて買えません。無いことを祈ります。

住宅ローン控除の効く13年間は、変動金利で

わが家は連帯債務型の変動金利で住宅ローンを組みました。

団信等もろもろ含めて金利1%以下に抑えることができたので、満足です。

変動金利だと将来、金利が上昇するリスクはありますが、わが家の場合、

  • いつでも少額から繰上げ返済可能
  • 固定金利への変更も可能(金利の条件あり)

ということで、ある程度リスク回避の選択肢もあります。

われわれ夫婦の計画としては、住宅ローン控除が適応される13年間はこのまま返済し続けて、控除期間が終わった段階で一括返済できれば、というかたちです。

個人事業主で事業割合10%以下なら住宅ローン控除が100%適用

忘れてはいけないのは、個人事業主(自宅兼事務所の場合)で住宅ローン控除を受ける際あ、適用されるのは居住部分のみだということ(家全体から事業利用分を差し引く)。

ただし、事業割合が全体の10%以下であれば、住宅ローン控除が100%適用できます

私も個人事業主なので、これを意識して、事業スペースを10%以下に抑えるようにしています。

また個人事業主であれば、水道光熱費や通信費なども一部経費にできます。

個人事業主は社会的信用が得られにくいので、住宅ローンの審査に受かるまでは苦労します。(私は会社員時代に審査を済ませましたが……)

でも受かってしまえば、住宅ローン控除に生活費の一部経費化など、お得な面も大きいですよ。