仕事全般

副業禁止の会社でもOK?会社員時代に私がしていた「副業」とは?

「会社員は副業なんてできない」と思い込んでいませんか?

会社員でもできる副業はいろいろあるんですよ。

会社員が副業をするメリット

「副業」というと大それたもののように思えますが、要は「本業のお給料以外にも入ってくるお金があるかどうか」ということです。

これがあるかないかで、心の安定感がずいぶん違ってきます。

その昔の昭和の時代は、日本経済も企業もぐんぐん成長していきました。それにともなって、社員の給料もボーナスも上がっていったわけです。

でも近年は日本経済は伸び悩み、会社の業績もなかなかあがらない。給料やボーナスのカットは、もう当たり前です。

私が副業を考え始めたのも、会社の業績悪化により昇給がストップしたり、ボーナスカットが常態化してきたからです。

将来への不安から、活路を開くためにいろいろ始めたわけですね。

実際、本業の収入にプラスアルファで収入があれば、少しでも生活にゆとりが生まれます

気持ちの余裕も生まれます

えいこ
えいこ
やり始めといてよかったな~と心から思っています。

私が会社員時代にやっていた副業は?

といっても、本業で心身ともに忙しい会社員ができる副業には、限りがあります。

たとえば、以下のような条件であればうれしいですよね。

  • 大がかりな準備がいらない
  • (日中は本業があるので)日中以外の時間でできる
  • 失敗や損をするリスクが低い
  • ストレスになりにくい

これらを踏まえて、具体的に私がやっていた副業をご紹介します。

①ブログ執筆

自分のサイト(ブログ)を開設し、好きなテーマやジャンルについて書いていく方法です。

テーマが魅力的だったり、個性を発揮するなど、うまくいけば読者が増えて、物販は広告と絡めることで収入を得ることができます

私が初めてサイトを作成したのは、2016年頃だったでしょうか。本サイトはじつは2つ目です。

ブログやサイトの開設の仕方は、たくさんの方がネット上で解説しています。私はITにはかなり疎いほうですが、困ったときは検索すれば、ほとんどが解決します。

特別な知識がなくても、誰でも始めることが可能

ただし、すぐに収入につなげるのは難しいかと思います。私も最初の1年間はほとんど収益ゼロでした。

でも、コツコツと根気強く続けていけば、何かの契機に収益が伸びたり、継続的な収入を得られる可能性があります。

私の場合は、収益目的というよりも、自分で自由に文章が書けて、それを読んでもらえる場を持てたこと自体がメリットでした。なので、あんまり稼げていませんが、こうして続けるにいたっています。

②アンケート、ポイントサイト

これはいわゆる「ポイント活動(ポイ活)」というやつです。

インターネット上には、簡単なアンケートに回答したり、バナーをクリックしたりすることでポイントがもらえるサイトがたくさんあります。

チリツモで、スキマ時間にコツコツ続けるだけで簡単にお小遣い稼ぎができますよ。

私は大学生のころからやっていて、たくさんのポイントサイトを試してきました。複数サイトに登録して網羅的にポイントを獲得すれば、かなり稼ぐことができるでしょう(が、時間の浪費もかなり激しいのでおススメしません)。

いまは暇な時だけ、2つのサイトを使っています。

  • アンケ―トサイト:マクロミル
  • ポイントサイト:モッピー

この2つを使っている理由は、時間のわりにポイントが貯まりやすく、また貯まったポイントが使いやすいところです。

大きな収入につなげることは難しいのですが、リスク(損をすること)はないので、やって損なことはありません。

④自分のものを売る

副業とは少し違いますが、自分の家にある使わなくなったものや不用品は、捨てるのではなくて売るようにしていました。

いわゆる「フリマアプリ」を使って、自分で売る方法です。

以前はヤフオクを使っていましたが、次第にメルカリを使うようになっていきましたね。

自分が使っていたものを売るのは、収入とはみなされません。なので、いくら売ってもOK。

洋服などの服飾品や小物、本やマンガはよく売れますし、子どものおもちゃやアニメキャラクターグッズなんかも売れます。

また、これは副業にあたりますが、最近はフリマサイトを使って、自作のものを売るのも流行っていますね。イラスト、デザイン、写真、ハンドメイド作品……専用サイトもたくさんあります。

私はそっちの才能がないのでできませんでしたが。。。

⑤投資、資産運用

難易度は上がりますが、資産運用も収入アップにつながる大きな一手です。

いまはネット証券が主流で、個人がスマホやパソコンから簡単に取引ができるようになりました。

投資には多くのお金が必要というイメージがありますが、最近はポイントで投資ができたり、1株(数百円~数千円)から取引できたり、ハードルは下がっています。

私が投資を始めたのは20代後半。だいたい、下の3つをやっていました。

  • 株式投資
  • 投資信託
  • FX(外国為替証拠金取引)

ただし、投資は儲けられることもあれば損をしてしまうこともあるので、その点は理解しておく必要があります。

会社の副業規定は確認しておこう

副業をする際は、あとあと面倒な問題にならないためにも、自分の会社の副業規定を必ず確認しておきましょう。

「副業禁止」の会社はたくさんありますが、禁止されている「副業」の内容や範囲は会社によってさまざまです。

じつは私が働いていた会社も、いわゆる「副業禁止」でした。ただし、禁止されていたのは、

  1. 会社に所属しながら他社と雇用関係を結ぶこと
  2. 会社の許可なく事業を営むこと

という2点。

一般的には、ブログが②の事業にあたるのかは微妙なところです。

ただ私が勤めていた会社の場合は、他社、他誌でのライティング(文章の執筆)に関しては許されていました。編集者の自己研鑽のためには必要、という理由です。

利益が20万円をこえたら確定申告が必要!

会社員の場合、副業で得た利益が20万円を超えた場合、確定申告が必要となります

正確に言えば、副業で得た利益から副業のために使った経費を引いた金額が20万円を超えると必要となります。

ネットの副業で20万円を超えるのはなかなか難しいですが、軌道に乗ってきたり、副業が自分にぴったりハマったりすると、超える可能性は十分にあります。

私の場合はFX(外国為替証拠金取引)の利益が20万円をこえる年がちょこちょこあったので、毎年確定申告をしていました。

副業でいくら稼いでいるのかは、しっかり把握しておきましょう。納税は国民の義務ですからね。

とはいえ、最近は副業解禁の動きも活発ですし、あまり重く考えずに、ルールを守りながら気持ちよく副業を始めたらいいと思いますよ。